フォークバンドMIX

フォークバンドMIXは関東を中心に活動するアマチュアのおやじバンドです。

ライブ、同窓会、地域イベントなど、出演要請があれば伺います。ライブを行うための音響機器を保有しています。ご相談ください。
 メール    
バンド紹介
 
バンド名の由来

なんでもフォークソングとして歌ってしまおう!
『フォークソングに勝る音楽はない』と、大きな誤解を信じて疑わない仲間が集まり結成したのが「フォークバンドMIX(みっくす)」です。学生時代、三度のメシよりフォークソングが好きで、夢中でバンド活動をしていた若者が50代に突入し、昔の虫が騒ぎ出し、2006年4月に結成しました。学生時代は、別々のグループで活動していたものの、《フォークメイトコンサート》および《ダウンタウンコンサート》というフォーク集団に所属したため、合同練習や合宿、定例コンサート等での交流がありました。今回は、あるキッカケで、当時の複数のバンドからのメンバーが寄り集まり(MIX=雑種)誕生しました。
演奏する曲は、モダンフォーク、カレッジフォーク、カントリー、GSソング、アニメソング、昭和歌謡、日本民謡、シャンソン等、種々雑多ですが、フォークの演奏とハーモニーでMIXらしく奏でます。


2012下町634バンドコンテストで優勝しました!
2012年8月25日、東京スカイツリー開業にあわせて行われた「下町634バンドコンテスト」の最終決戦まで勝ち進み「最優秀バンド賞」を受賞しました。


メンバー紹介


加古義高  ボーカル/ギター・バンジョー


1953年10月16日生まれ
高校時代にフォークバンド「ら・あるぷ」を結成。フォーク集団「FolkMateConcert」や「DownTownConcert」に所属し、昭和47年にビクターが製作したLP「日本民謡を歌うフォークの若者たち」にも参加するなど、積極的に活動していた。2004年7月、高校の同窓会がキッカケで復活した「カエル」に友情参加。その後、バンド名を「あえる」に変更し活動していたが、メンバーの急逝によって解散。今回、MIXを結成。


田中正顕  ボーカル/ギター


1954年8月18日生まれ
高校時代にフォークバンド「カエル」を結成。フォーク集団「FolkMateConcert」に所属するなどの活動をしていた。2004年7月、高校の同窓会がキッカケで加古の協力を得て「カエル」を復活。その後、バンド名を「あえる」に変更し活動していたが、メンバーの急逝によって解散。今回、MIXに参加。


廣田高芳  ボーカル/ベース


1954年6月11日生まれ
高校時代に川崎市中原区を拠点に活動していたフォーク集団「チロリン村」の中核バンドである「チロリン村とくるみの木」に参加していたがメンバーの卒業を機に解散。その後、ベースマンを探していた加古と出会い、フォークバンド「ら・あるぷ」のメンバーとなった。「ら・あるぷ」では低音部の音の広がりに貢献し、昭和47年にビクターが製作したLP「日本民謡を歌うフォークの若者たち」にも参加した。「ら・あるぷ」は昭和49年末に解散。今回、加古の誘いでMIXに参加。


吉武孝生  ボーカル/ギター


1956年8月2日生まれ
高校時代にフォーク集団「FolkMateConcert」に参加。「FolkMateConcert」のスタッフとして運営の中核を担っていた。また、自らも廣田の弟らと「うらら」を結成しバンド活動を行っていた。今回、MIXを結成するにあたり、廣田からの誘いを受け参加。


高宮哲也  マネージャー

1945年7月22日生まれ
元役者・コメディアン、その後、某社で全国トップレベルの営業マンとなり、講演会の講師としてひっぱりだこ。いつの頃かMIXのマネージャーに収まり、ライブではオープニング、エンディングの司会を担当。師匠である有名な某氏を匂わせる言動でユニークな司会をしています。